営業許可の更新

営業許可には更新が必要です。

 

更新を行わずに営業を行った場合、2年以下の懲役または200万円以下の罰金などが科される可能性がありますので注意が必要です。

 

 

営業許可の定期更新

例えば飲食店の営業許可には、5〜8年に1度更新が必要となります。これは、営業許可の期間が5〜8年と決められている方です。更新手続きはおよそ1か月前から可能となりますので、早めの更新が大切だと言えます。

 

更新手続きは、主に以下のような手順を踏む流れとなります。

 

1.申請書類の提出
2.施設検査の打ち合わせ
3.施設の実地検査
4.許可書の交付

 

 

特に注意が必要となるのが、3番の施設の実地検査です。保健所職員の方が実際に店舗を検査するというものですが、当初に営業許可申請をした際の店舗の状態から変更が生じている場合、営業許可が下りないケースもあります。更新手続きに入る前に、特に水回りや窓などが施設・設備の要件を満たしているかチェックしておくことが重要となります。

 

 

営業許可の不定期更新

営業許可は、上記のような定期更新以外にも更新が必要となることがあります。
例えば、
・店名を変えた
・転居により営業者住所が変わった
・店内を改装した
・会社の代表者が交替した

 

などの変更があった場合です。このような場合には、「営業許可申請事項変更届」「営業許可書」「変更内容を証明する書類」を保健所に提出する必要があります。(自治体により一部異なります)

 

さらに、
店を移転した
営業者が別人(別会社)になった
店内を大幅に改装した

 

このようなケースでは、営業許可を取り直す必要がありますので注意が必要です。

 

 

営業許可更新にはご注意ください

ここまで説明した通り、営業許可の更新には注意すべき点が多々あり、また更新を怠った場合は無許可営業として罰を科される可能性があります。

 

ちなみに、風俗営業には更新という概念がありません。一方で、飲食店営業としての更新は必要となります。
当事務所はキャバクラやホストクラブなどの風俗営業許可申請も業務として取り扱っておりますが、こういった店舗も風俗営業としての更新は必要ありませんが、飲食店営業としての更新は必要となりますのでご注意ください。

 

トップへ戻る