飲食店・サービス店の開業支援、営業許可申請代行はおまかせ下さい


当事務所は、飲食店・サービス店の開業支援、営業許可申請代行を専門として業務を行っております。

実際にお店を開業したい、開業されているという皆様の中には、このようなお悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

飲食店・風俗営業店開業の悩み



これからお店を始めたいが、どのような手続きをすればよいのか分からない
飲食店の営業許可申請は、シンプルなように見えて実際は複雑なケースも多々あるのが特徴です。例えば、カフェを営業しようと思ったとき、「喫茶店営業」の申請を行うか「飲食店営業」の申請を行うかで大きな違いがあり、またお酒の影響の有無や営業時間によっては「深夜酒類提供飲食店営業」の申請を行う必要が出てきます。どの申請を行うべきかはお店の方針によって変えていくべきであり、また求められる施設・設備要件なども大きく異なります。さらに、申請の区分によって保健所だけでなく警察署との協議が必要となります。
これからお店を始めたいが、飲食店は廃業も多いため不安がある
飲食業の廃業率は、全業種の中で最も高いことが知られています。実際に、駅前に新しくできたお店が気付いたらなくなっていたようなことも目にされたことがある方は多いかと思います。飲食店は開業がしやすい一方、開業段階の小さな失敗や経営面の誤算によってすぐに存続が危ぶまれるようなことになりかねないのです。
補助金や融資など どのように資金を調達すればよいのか分からない
お店を始めるにあたっては、ある程度の資金が必要です。この資金をどのように調達すればよいのか、銀行でどういった条件で融資を受ければよいのか、さらには補助金をどのようにしてもらえるのかなど、お金に関する情報はあまり知られていない現状があります。さらに言えば、最初どの程度の運転資金を用意しておくべきかなど、開業前の段階で考えておかなければならないことは多くあります。
メニューの価格戦略やお客さんの増やし方が分からない
飲食店を開業されるにあたって、まず料理自体やサービス自体の質というのは重要です。これに関しては、開業される方が最も得意とされ、思い入れを持っている部分であると思います。一方で、販路拡大や売上向上、商品戦略などについては苦手とされる方が多いのではないでしょうか。モノやサービスが豊富である現代において、いいものを提供するというだけでは売上は伸びません。他店との差別化を踏まえ、戦略的な店舗経営が必要不可欠といえます。


このようなお悩みを、当事務所がまとめて解決いたします。当事務所は、「営業許可申請の専門家である行政書士として」「経営コンサルティングの専門家である中小企業診断士として」今まで様々な飲食店の支援を行って参りました。営業許可を取るというだけではなく、皆様の経営面のご不安も共に解決していきます。


飲食店の開業をお考えの皆様を、専門家が丁寧にサポート致します。


飲食店・風俗営業店の開業支援



ご相談からの流れ(営業許可申請代行業務の場合)

例えば当事務所に飲食店営業許可申請代行をご依頼いただく場合の流れについて、以下のようになっております。


@メールまたはお電話での
お問い合わせ
まず、当サイト上部メニューのお問い合わせフォームまたはお電話からお問い合わせを頂きます。お電話は03-3703-2661へお願い致します。お問い合わせには料金を頂きませんので、どうぞお気軽にご相談頂ければと思います。

飲食店営業許可申請代行


A打合せ・依頼の御判断 ご相談者の方の開業予定の事業に関するお話やご希望を踏まえ、今後のスケジュールや必要となる書類・お見積りをお伝えいたします。この打合せを受け、ご依頼について正式に決定して頂くこととなります。

飲食店営業許可申請代行


B店舗調査と確認 開業される店舗の測量や設備確認等の実地調査、資格に関するヒアリング等を行います。飲食店営業許可申請において、最も重要となるステップです。

飲食店営業許可申請代行


C申請書類の作成及び提出 当方が作成した申請書類を保健所に提出・協議致します。作成だけでなく、提出についても依頼者の方に代わり(代行して)行いますので、依頼者の方へのご負担は最小限となります。

飲食店営業許可申請代行


D保健所立入調査と
許可証の交付
御依頼者の方の店舗に、保健所職員の実地調査が入ります。実地調査の目的は、申請書類の項目に実態と異なる点がないかを確認することです。実地調査後、1週間程度で営業許可証が交付され、お店の開業となります。

特にご依頼を頂いてからの流れは、どのような許可申請をするかによって大きく異なります。詳しくは、当事務所の取扱業務のページをご確認ください。

飲食店営業許可申請代行業務の条件・期間

当事務所に飲食店営業許可申請代行をご依頼いただく場合、以下のような条件・期間で業務を承っております。


料金 税抜6万円
(相談料から営業許可申請取得まで全て込みの価格となります)
取得にかかる期間
2〜3週間程度
(ご相談からご依頼を頂くまでの期間、店舗の状況などによって異なります)

業務の料金や期間については、どのような許可申請をするかによって大きく異なります。詳しくは、当事務所の取扱業務のページをご確認ください。

当事務所に営業許可申請を依頼するメリット

飲食店営業許可申請を始めとして、当事務所に申請代行のご依頼・ご相談される場合、自力で申請をされる場合や他事務所に依頼する場合と比較して、以下のようなメリット・特徴があります。

営業許可申請代行における当事務所の特徴

レストラン(飲食店)の営業許可申請の特徴


飲食店営業許可申請専門の行政書士であること
各種手続きの専門家である行政書士といえど、専門性は様々です。遺書の作成など相続を専門とする行政書士もいれば、外国人雇用など入管関係を専門とする行政書士もいます。行政書士の業務は多岐に渡るため、専門外の分野の手続きを苦手とする方も多いという現状があります。

しかし当事務所は、飲食店営業許可申請を専門として活動しております。
専門として活動しているからこそ、飲食店営業許可申請に関する経験や知識を豊富に蓄えていると自負しております。

確実かつスピーディに営業を開始することができること
専門家へ依頼せず自力で営業許可申請をするということももちろんできます。一方で、これからお店をやろうと思っていらっしゃる方が申請に手間や時間を取られては、本業であるお店の運営や経営構想にしっかりとした時間が取れないということにもなりかねません。我々専門家に依頼することで、ご依頼者の方から頂いたご要望にしっかりと沿った、確実正確かつスピーディな営業許可申請を受けることができます。

経営相談に乗ることもできること
当方は行政書士に加え、経営コンサルタントの国家資格者である中小企業診断士としても活動しております。したがって、開業に当たって依頼者様が不安を抱えていらっしゃる「経営面でのお悩み」「会計面でのお悩み」「集客面でのお悩み」などについて、専門的知見からご相談に乗ることができます。
依頼者様が抱えられている不安を少しでも解決できればと、その一助になれればと思っております。


大きくこの3点が、当事務所にレストラン営業許可申請の代行を依頼するメリットだと自負しております。

飲食店などの開業手続き、申請代行は当事務所にお任せ下さい

飲食店等の営業許可申請代行を専門とする行政書士として、正確かつ迅速な業務遂行を念頭に日々活動しております。このような活動を通じて、これから事業・店舗を始められる皆様の一助になれればと思っております。

飲食店などの開業手続き、申請代行は当事務所にお任せ下さい。

このページのみでは説明が不足している部分もございますので、
・飲食店・接待店などの営業許可申請に関するご相談はこちら
・補助金申請、銀行融資などに関するご相談はこちら
・経営コンサルティングに関するご相談はこちら

などそれぞれ該当する業務のページをご覧頂ければと思います。当ホームページをご覧いただいて不明や点や、分かりにくい点などございましたらお気軽にお問合せ下さい。
ご相談やご依頼は、お電話またはメールからお待ちしております。

トップへ戻る