飲食店営業許可の区分

飲食店営業許可の区分は非常に複雑です。

 

このホームページの「業務内容」のページを実際にご覧になった方はお分かりかと思いますが、イメージとしての「飲食店」や「喫茶店」というような単語が、営業区分でもその通りだとは限らないのです。実際に当事務所にご相談やご依頼を検討されている方でも、自分が開業したいお店がどの営業区分になるか分からず、予算の目途が立てにくいといった状態にあるかもしれません。

 

そこで、簡単ではありますが飲食店営業許可の区分判断のフローチャートを用意しました。以下のフローチャートを参考に、ご自分が開業されるお店がどの営業区分にあるか確認して頂き、ご相談・ご依頼の際にお伝えいただければスムーズかと思います。
(実際にご相談・ご依頼を頂いた際は、もちろんその営業区分で正しいか、過不足がないかなども判断いたしますので、ご安心して頂ければと思います)

 

飲食店営業許可申請の概略フローチャート

飲食店営業許可申請の分類

 

このような区分となります。飲食店として開業する場合でも、区分上の風俗営業と密接に関係していることがお分かりいただけるかと思います。これが、飲食店開業許可の複雑な要素であり、申請に専門性が必要とされる部分でもあります。営業許可申請の区分が異なると、当然ながら申請要件や手続きが大きく異なってくるため注意が必要です。また、このフローチャートはあくまでも概略のため、実際には複数の営業許可申請が必要となったり、異なる営業許可申請が必要となるケースもございますので、あくまでも参考としてお使いいただければと思います。

 

営業許可申請の区分も含めまして、業務のご依頼やご相談はお電話またはメールからお待ちしております。

 

 

トップへ戻る