東京の飲食店営業許可・風俗営業許可申請代行

事業規模拡大と営業許可申請

事業規模拡大に伴う新店舗開業

既に飲食店の営業を行っており、事業規模をするにあたって新しくお店を開くというケースがあります。

 

このような場合であっても、新しく飲食店営業許可を申請する必要があります。

 

飲食店営業許可は「その場所で」「その建物で」飲食店営業を行う際に必要となる許可です。したがって、似たようなお店であっても新しくお店をつくるという場合は、再度営業許可申請を行う必要があります。例えば、すでにあるお店の2号店のような形で同じメニュー・同じフロア構造とするような場合にも、営業許可は必要となるのです。

 

営業許可申請を行わずに飲食店営業を行った場合、懲役刑や罰金刑に処される可能性がありますのでご注意いただければと思います。

トップへ戻る